海外のFX取引会社について

FX(Forex/Foreign Exchange)とは、いわゆる通貨同士の交換ができる市場のことであり、平日であれば24時間いつでも取引ができます。株式投資と比較し小額の投資ですむこと、好きなタイミングで容易に取引できる、レバレッジ等の多くの利点があることから、多くの個人投資家が仕事の合間に投資しています。

世界に占めるFXトレーダーの50%以上が日本人と言われています。誰もがいつでも最小限の貯蓄でFX投資を始めることがでるため、特に日本では、個人投資家がFXに柔軟に投資できるよう、有益な規制が求められます。
なお、日本政府による厳しい規制により、日本人がFXに投資することはより難しくなってきています。
 
日本人投資家が直面していると言われている問題がこちらになります:
・日本政府による、資金取引の厳格な監視(マイナンバー)
レバレッジの制限(更なる制限が議論されている)
・ゼロカット以上の支払可能
・高い税金
・海外通貨を円に両替する際の金額制限
・日本政府の制限による、海外FX業者の日本人利用の受入拒否
 
解決策として、
多くの日本人投資家がオフショア法人を利用、もしくは海外の居住権を取得しようとしています。
最もシンプルな方法の1つとして、日本国外在住の外国人ノミニーによるオフショア法人を設立することです。
 
FX取引や、解決法などより詳しい情報は下記リンクまでご覧ください: