ネイビス法人設立について

ネイビスはカリブ海に位置する小国です。
ネイビス(St. Kitts and Nevis Federation)は英国法の根付いた国で、世界でもっとも犯罪発生率の低い国の一つです。
個人的自由については、国連によって世界のトップテンにランクされています。
 
ネイビスでは、オフショアの活動を保証するためのさまざまな法制度が整備され、特に1985年に制定された「The Confidential Relationships Act」によって、機密保護について厳密な規定が行われています。
この法律はビジネスによるいかなる情報も公開することを禁止し、この規定は当然銀行や専門家、政府の公的機関にも適用されます。
これにより、海外からのオフショア利用は安心して行うことができます。
 
メリット:
・ネイビス以外での収益には税金がかからない
・決算・会計検査等は要求されることはない
・ノミニーダイレクター(名目上の役員)使用可能
・世界のどこからでも管理・運営が可能
・合法的活動であれば、法人活動が限定されることはない
リヒテンシュタインなど他の国での銀行口座開設が容易
他いろいろ
 
ネイビス法人の最低資本金(Standard Authorized Share Capital)はUSD 50,000です。
ただしこれはノミニーキャピタル(名目上の資本金)で、実際にこの費用を積み上げる必要はありません。
設立には最低一名の役員(Director)、最低一名の株主(Shareholder)が必要になります。
カンパニーセクレタリーも必要です。
 
ネイビス法人の設立に必要な書類、および手続きについては、下記リンクまでご覧ください: