【重要】ベリーズIBC法の改正による、3つの変更点

ベリーズIBC法の改正による、3つの重要な変更点

OECDホワイトリストの必要条件に達成し、FATFに応じるため、ベリーズ721日にて2017年のIBC法を改正しました。ディレクター・実質所有者の登記および無記名株の廃止が改正内容に含まれます。

 

無記名株の廃止

無記名株発行禁止のMAAをお持ちでないベリーズ法人は、MAAの変更は20187月1日までに済ませる必要があります。そうでなければ、$5000/日の罰金が課せられることになります。

 

実質所有者の登録

新たな規約では、登記所にて法人の実質所有者の情報を登録する必要があります。なお、政府にUBの情報を提出する必要はなく、過去の所有者の記録は含まず、現在の所有者のみに適用されます。法人ディレクターは所有者の最新の情報を保管する義務があります。さもなければ、$500/日の罰金を課せられることになります。このような違反を許したディレクターも同様に罰金が課せられます。偽情報や誤解を招くような情報の提出規約違反となり、$50,000前後の罰金を課せられることになります。

 

ディレクターの登録

全てのディレクターの情報を登録し、登記所にて保管する義務があります。規約通り行動する法人には、$25/日のペナルティを与えられることになります。

 

より詳しい情報は、下記リンクまでご覧ください:

https://www.oobac.com/index.php?pid=belize&lan=jp&id=hatena