信託について

信託とは、“settlor”という資産(“trust fund”)を譲渡する個人と、“trustee”というsettlorによって指定された他の人(“beneficiaries”)の利益のためにその資産を保有し管理する他の個人または法人との間の取り決めのことです。 

信託によって資産を譲渡し、利益の享受ができなくなることを懸念する方もおられますが、そうではありません。settlorは受益者となりますし、信託証書が正しく記載されていればbeneficiariesは信託資産を使用し、信託基金からの資本および利益を受け取ることができます。これらに関し完全に明記することができます。

 
信託は、特にオフショアで設立された場合に利用可能、最も安全で柔軟な財務計画手段の1つです。金融、財政、政治的リスクから資産を守るために、信託を検討されることをお薦めいたします。 
信託は、税負担保護に関して有効な税務計画ツールとしてよく使用されています。
不動産から家業まで、すべてのタイプの資産が投資のポートフォリオなどの信託国「に含めることができ、個人に限定されず、法人も信託を資産運用戦略の重要な部分として使用することができます。 
 
信託のより詳しい情報は、下記リンクまで: