ノミニーディレクターサービスについて

ノミニーディレクター(Nominee director)とは、名目上の役員とのことです。


ノミニーサービスを使って法人を設立しても、個人情報の公開などの心配が要りません。
ノミニーディレクターを利用して法人を設立すると、当該国に提出する書類にはすべてノミニーディレクターの名前・住所が記載され、真のオーナー(本来のオーナー)の個人情報などは登録されることも公開されることもありません。


つまり、名前を出さないで法人を設立することが 可能になるのです。設立のために用意する書類はノミニーディレクターのものを使用するため、面倒な書類の準備をする必要もありません。このようにして、最高度のセキュリティを実際に確保することができます。
しかもこのシステムは設立先国によって認められた合法的な法人設立の手段であり、タックスヘイブン諸国で非常に有効な働きをするものです。


オーナーの権利は、以下に述べるパワーオブアターニー(Power of Attorney)によって完全に保護されます。ノミニーディレクターは法人設立の折にはその名前を提供しますが、パワーオブアターニー発行以後は法人の管理・運営などの全権が真正オーナーに移管され、ノミニーディレクターは一切タッチすることはありません。法的にこれは保障されます。


ノミニーディレクターについてのより詳しい情報は下記リンクまでご覧ください:

信託について

信託とは、“settlor”という資産(“trust fund”)を譲渡する個人と、“trustee”というsettlorによって指定された他の人(“beneficiaries”)の利益のためにその資産を保有し管理する他の個人または法人との間の取り決めのことです。 

信託によって資産を譲渡し、利益の享受ができなくなることを懸念する方もおられますが、そうではありません。settlorは受益者となりますし、信託証書が正しく記載されていればbeneficiariesは信託資産を使用し、信託基金からの資本および利益を受け取ることができます。これらに関し完全に明記することができます。

 
信託は、特にオフショアで設立された場合に利用可能、最も安全で柔軟な財務計画手段の1つです。金融、財政、政治的リスクから資産を守るために、信託を検討されることをお薦めいたします。 
信託は、税負担保護に関して有効な税務計画ツールとしてよく使用されています。
不動産から家業まで、すべてのタイプの資産が投資のポートフォリオなどの信託国「に含めることができ、個人に限定されず、法人も信託を資産運用戦略の重要な部分として使用することができます。 
 
信託のより詳しい情報は、下記リンクまで:

海外ビジネスセンターサービスについて

近年、事業を海外進出させるためにビジネスセンターを利用する人が激増しています。
オーバックでは、マレーシア・クアラルンプルーでのビジネスセンターを確保できます。

ビジネスセンターとは、通常のバーチャルオフィスサービス、つまり見かけだけのオフィスではなく、あなたの法人の実際のビジネス運営をここから行えるように設定されています。
このため住所、専用固定電話、専用メールアドレスなどはもちろん、専属秘書が常時ひかえています。
もちろん貴社専用スタッフも配置することができ、たとえば日本から派遣されたあなたの専任スタッフはこのオフィスで勤務することができます。

こちらのサービスの利用条件、または費用は下記リンクまで:https://www.oobac.com/index.php?pid=sharedoffice&lan=jp&id-=hatena

セキュアメールについて

セキュアメールと一般に使われるメールアドレスと違って、

プライバシーそして安全性がより優れているのです。
 
例えば、一般のメールアドレスで送ったメールの内容は暗号化されていないため、
内容そして添付ファイル全て調べられると誰でも見ることができます。よって、送信元または送信先の本名住所のほか電話番号のような個人情報も知らない間に漏れることになってしまうのです。
 
一方、セキュアメールサーバーは下記のメリットがあり:
 
SSLによる暗号化を使用したセキュリティの高いアクセス
SSLによるPOP/IMAPプロトコルが使用可能
・アウトルックや他のメールャtトで簡単に利用可能
・アンチ・スパムフィルターなどのセキュリティツールが完備
・オンラインの管理ツール
・サーバー自体のセキュリティ管理と暗号化によるバックアップ

メールは完全暗号化によりIPアドレスの追跡は不可能になり、利用者は匿名のままでいつでも利用できるのです。セキュアメールの使い方もとても簡単で、すぐ利用できます。
 
セキュアメールについてより詳しい知りたい方は是非下記リンクまでご覧ください:

ラトビア銀行口座について

EU加盟国のひとつであるラトビアでは個人口座、法人口座のほかにオフショア法人口座も開設可能です。

また、ラトビア口座開設の依頼件数は今後増えていくに違いない。
何故かというと:
 
①EU加盟国であるため、EUの保護基準が適用され、安全な銀行取引が行える
②開設時、現地まで行って銀行側との面会は必要なし
③マルチカレンシーであり、インターネットバンキングの操作も簡単
④カードの種類が多い
⑤短時間で開設完了できる
 
ラトビア銀行についてより詳しい情報はどうぞ欠きリンクまで:

ベリーズ銀行口座について

ベリーズでの銀行口座開設はいくつかメリットがあります:

 
 
投資による収益は完全非課税
②口座の安全性、セキュリティが高い
③開設時、現地での面会は避けられる
④マルチカレンシー対応、そしてインターネットバンキングの使い勝手も良い
カードの種類が多い
 
上記のほかに、メリットがあります。
ベリーズ銀行口座のより詳しい情報、または口座開設に必要な書類は下記リンクまで:

ユーロパシフィック銀行口座について

近年、ユーロパシフィック銀行口座の利用者は増えている一方です。

その理由は、
①インターネットバンキングは英語のほか、日本語やフランス語などが対応している
②またその使い勝手が良い
③様々なカードの発行
④他の銀行より口座が開設できるまでの期間が短い

ユーロパシフィック銀行の詳しい情報は下記リンクまで:

https://oobac.com/index.php?pid=epbank&lan=jp&id=hatena